へっぽこ塗装塾

メカ物中心でプラモ、ガレキの製作日記
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダンバインはどんな色に塗ろうかな?

さてさてダンバインの下地処理も佳境に入ってきたんで、
そろそろどないな色にするか考えてみたりして。


まずは基本に忠実に塗るとこないな感じになるわけですが・・・・
まあ、基本通りに塗るわけもなく。
ダンバイン見本1
とりあえず生物的生々テクスチャを加えるとこうなるわけでして。
ダンバイン見本2
まあ、下地にテクスチャは加えちゃってるわけですから
当然こっちのほうでやるわけですが・・・・
悩むのは本体色!!


いろいろ考えてみたが・・・・・
はて?どの色にしようかなぁ~。
ダンバイン見本3 ダンバイン見本4 ダンバイン見本5
ダンバイン見本6 ダンバイン見本7 ダンバイン見本8
うっす~い感じの色もいいが・・・
濃いのも捨てがたいわけでして・・・・・
む~・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サーバインもどきの白ベースの色もなかなか。
この考えてる時間がまた楽しいわけでして。
にゅ?考えるのにフォトショップをいじってる暇があったら作業はって?
うっひゃっひゃっひゃ!!
この無駄にデジタルに考えてるのがまた楽しいんやで!!
スポンサーサイト

よ~っやっと再開

さてさて、ぼちぼち塗装環境もそろってきたんで・・・
止まってたダンバインの作業を再開だ!!


今回で塗装前の下地を終わらせるべくパテをもりもりんこ。
これで生物的テクスチャーを作るわけですわ。
タマダン15
ここまでやればね、後は塗装が待ってるわけで。
やっとこ本業の塗装に入れる!!
いやいや今までなかなか塗装環境が整わんかったんでごまかし製作ばっかやったが
これで、ガレキの製作がぽぽ~んと出来ていく・・・・・はずなのよ。
タマダン16 タマダン17 タマダン18
いや、きっとできるはずだ!!
む?なんか忘れてるよ~な・・・・・・はて?
うおお!!台だ!!ディスプレイ台があったんだこのキット!!
そっちの下地をすっかりこっきりわすれとったわ!!

ど~んな色の台にしようか?はてはて?
まあ、ゆ~っくり考えていこうかの~。

今日も細かい作業が・・・

今日も今日とてパテ盛り盛り作業っす。
今回はボディからやっちゃいます。
で、ボディはキャノピーと本体が一体成型なんでメリハリがない!!
なんか、のぺ~っとしてるからこれもケガキを入れなおすわけざんす。
タマダン13
その後にパテを盛って生物的な表現をするわけです。
で、おんなじ作業を足にもやっていくわけですな。
タマダン14
これで、ほんまに生物的になるのか?
まあ、それは塗装してのお楽しみってなわけやねぇ。

で、本日作業報告はここまで←すくな!!
後は本日手に入れた中国発いた~いデカールをあっぷだ!!
これも、はっきり言って本編をしらんけど・・・ToHeart2です。
痛デカ8 痛デカ9
まあ、出るたんびに買ってるけど・・・はてどうしよう?
買うだけ買っても使い道がぬぁい!!
まあ、そのうち痛車痛バル痛MS痛AT痛AB痛HM痛WMでも作りますかねぇ。

ちょこちょこ削る

引き続きダンバインの下地処理をしていく。
今回は特徴的なモミジから!!
このいい出汁がでそうなモミジですが・・・・・
タマダン9
なんとも爪のところの生々しさにかけてるわけで・・・
てな訳で付け根のとこをデザインナイフでこちょこちょ削っていきます。
すると・・・・
こうなるわけですねぇ。
タマダン10
これで、爪が一体成型ではなく奥から生えてるように見えるわけです。
え!?みえない・・・・・見えるんです!!(自己満足えっへん)

でもって顔のほうもスジ彫りラインが消えてるんで、
デザインナイフで入れなおす!!
タマダン11 タマダン12
ほらほら~、何となくメリハリがでてきたっしょ!!
この辺のこまか~い作業が終わったら、コンバーターに続いてテクスチャをつけるざます!!

湯上りダンバイン

ダンバインのパーツ洗浄が終わって、あ~さっぱりんこ。
こっからは表面処理を始めるけどパーツが少なくてあっさりすみそうっす。
タマダン5
で、まずはオーラソードの鞘っす。
鞘のはずが・・・・・ムクッ!!
これじゃ、あまりにも不細工やから穴加工をしてそれらしく見せることに。
タマダン6
パーティング処理したあとにリューターで
ぐぃんぐぃん!ごりぃんごりぃん!!
タマダン7
結果はこうなったわけで・・・・うんうんそれらしく見えるねえ。
もちっとふちを薄くしてもええかなってとこです。

で、今回の表現でいっちゃん大事なんはこれね。
キットのままやと表面がつるんつるんなんで生物的表現をするでありんす。
ラッカーパテを使って表面に凸凹で生々しいテクスチャーをつけました。
タマダン8
まあ、鋳物表現と基本やり方は一緒ね。
ただ、鋳物表現よりは大きめのテクスチャーをつけることに。
後はこれを全身施すことにしますが・・・・・それはまた次ね。

本編映像でもみながら塗装の構想をねることに・・・・・・
動画:聖戦士ダンバイン
見過ぎに注意しないとねぇ、全部見ないと作業できなくなっちゃったり。
うっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!
ページ最上部へ

我輩は誰?

ぺいんと

Author:ぺいんと
メカ物をメインにガレキ・プラモを
のんびり、まったり製作中。
2月から上海生活をエンジョイ
しております・・・・・・・・
やってることはアドパですがなにか?

当ブログはリンクフリーであります。
なんぼでもしたってください。
相互リンク希望の方(いるのか?)
はコメントいただければすかさず
こちらからもリンクしま~す。

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
モンハンニュース
こんなんやってます
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。