へっぽこ塗装塾

メカ物中心でプラモ、ガレキの製作日記
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

珍しく続く

今回は珍しくやる気が続いてるわけで・・・・
で、ひとまず腰の仕上げがだいたいあがりました~。
まだ400番やけど。
ペル19 ペル20
これがまた、思ったほどスカートパーツが展開できない。
特にサイドスカートが開かないなぁ。
軸が2本ってのは動きが封じられるなぁ。


で、これがまた妙な所にやる気の方向が向いちゃって!!
つ~か、スカートの裏がつるつるやら、へこんどるのがやたら気になったんで、
ちょちょいとリューターでぐりぐりすることに。
ペル21 ペル22
これで生物的モールドができましたぁ。
んでもって、まだやる気が続くからフロントとサイドのスカートの裏もパテで
細工をしてみようかと・・・・
まあ、できたらまた報告するってことで~。
今日はここまで!!
スポンサーサイト

色を考えてみたり

前回IEが反抗期やったために更新できなかった腰の部分からレビューします。
とりあえずは挟み込みになってる股間のイチモツとげパーツから。
T字の挟み込みになってるんで、余計な部分はふっとばして
I字にして、後から接着固定にする。
ペル16
股間の黒パーツは後ハメがこんなんやから、マスキングで対応することに。
まあ、いたって簡単なマスキングやからこれぐらいはね。


腰部スカートの取り付け部分は、ダボ受けのアンダーをカットして
上からはめれるように加工した。
ペル17
これで、ど真ん中に遠慮なしにある合わせ目を消すことができる。


組むとこんな感じ~。
ペル18
これに腰部スカートパーツがくるが、この辺は特に処理無でいけそうである。
まだ組んでないから確定はできな~い!!


と、ここまでを前回でアップするはずが・・・・
IEがあっぷあっぷやったみたいで反抗期に突入!!
今日は今のところ素直なもんです。
どこぞの都市伝説のMacみたいにほめれば素直に動くのか?


でもって、もはや恒例になってきたフォトショでのカラバリ作成!!
まずはこいつが元色ね。
ペルゼイン元色のコピー
これを見る限り完成された感じになってたんでカラバリはないかなぁと思いつつ・・・
とりあえず考えてみたぁ!!


元設定と肩の色を同じにして、本体の色と塗装箇所をいじってみた。
ペルゼインのコピー ペルゼイン7のコピー ペルゼイン4のコピー ペルゼイン3のコピー
意外に緑が我輩の中ではしっくりくるわけで。
やってみるとどんな色でも馴染むもんだなぁと思いつつ・・・・


今度は肩の色を本体色と同色にしてみた!!
ペルゼイン2のコピー ペルゼイン6のコピー ペルゼイン5のコピー ペルゼイン8のコピー
これまた、意外とおっけ~な感じ!!
あくまでも自己満足!!の世界である。
これで、比較すると何故か肩まで本体色にしたほうがガッシリした感じに見える。
骨は白!!なんて固定概念はあっさり!ばっさり!!捨てちゃって
今回は肩まで本体色で塗る方向で進めてみようかと・・・・
結果は出来てのお楽しみだぁ。

引き続き後ハメ~

上半身に続いて下半身の後ハメ作業でおます。
コトブキヤキットのお決まりで、色分けはすげぇが合わせ目が目立つとこに来るのよねぇ。


脚の部分は2箇所目立つところがあるざます。
まずは脹脛?にあたるとこざます!!
ガンダムならダムにあたるとこ!!
↑どっかの漫画にそんなことが!!
ペル11
もう一箇所は脚の甲の装甲パーツでありんす。
ペル12
こいつがど真ん中に合わせ目が来るわけです。
こりゃ目立つやろ!!こんちくしょ~!!!


てなわけで、まずはダム・・・もとい!!
脹脛から処理していきます。
ペル13
赤パーツと白パーツを分割してサイドの合わせ目を処理します。
ダボを短く削って後ハメをできるようにしときます。
ペル15
バカ穴をあけておけば下からはめることができます。
何箇所かダボをのこしとけば固定には問題なしです!!
ペル14
脚の甲は真ん中の合わせ目を処理してダボを短くすれば、後ハメできます。


むっきぃ~!!
なんかIEの調子がめちゃ悪!!
記事更新の間にがんがん落ちるんで今日はここまでや~!!
腰の後ハメはまたあした~。

下処理続くよどこまでも

大体の後ハメの構想が出来たから、ばっしんばっしん削り中であります!!
なもんで、出来たパーツからレビューおば。


まずは顔っす。
この顔が意外と良くできてる。
まあ、後ハメはいらんけどてっぺんにばしっと合わせ目が出るから
ここは、むにゅっ!!加工した後にペーパーがけっす。
ペル7
顔の差し替えは兜ごと差し替えなんで合わせ目を気にする必要はまったくな~し!!
この辺はうまいこと考えられとるなぁ。


上半身のパーツ構成はこんな感じ。
本体と、胸アーマーと腕とお腹の球体。
ペル8
ほんまはここに筋繊維らしきパーツがいっぱいあるが
今回は電線を使って自作したんでそのパーツはな~し!!


胸アーマーは肩に掛るとこに合わせ目があるから、このパーツを一体化して
背中にあるダボを短くカットして滑らせる感じで後ハメできるようにした。
ペル9
こうしないと、目立つんだここの合わせ目。
段後加工をするわけにもいかんからねぇ。


腕の部分は肘パーツを挟み込んで固定する方法になってたから
ここは大胆に削って、後ハメできるようにした。
ペル10
本来なら、こんなことしたらぐらんぐらんになるが・・・・
今回は配線で腕を太くしてるからじゃすとふぃ~っと!!なのである。


これで、残す後ハメは下半身やが・・・・・
こいつが思いのほか曲者やったわ。
ほとんどが後ハメになっても~たがねぇ。
そこらへんの説明はまた次回の講釈でぇ。

とりあえず組んでみた

とりあえずここまで組んでみたぁ。
流石にスタイルはかっちょええですわぁ。
でもって、筋繊維に見えるようにはわした配線はなかなかええ味になっとる。
ペル4 ペル5
まあ、まだ手首やらサイドスカートやらは組んでないがこれは塗りながらってことで。
まだまだやるこたぁいっぱいで。
後ハメやらのレビューは次回からやってくっす。
はやく全体が見たいからとっとと組んだわけですわ。
まあ、何気にこれで満足って話も・・・・・・・しないしない。


んでもって顔はこれね。
コトブキヤ定番おすすめ?彩色済みパーツ!!
差し替えで口がぐがぁ~!!ってなってるのも付属しとりまする。
ペル6
まあ、それなりに色分けされとって素組でもええかな?って感じはするが・・・
要所要所のパーティングラインが目立つわぁ。
特に足はほとんどがセンターにラインがくるから素組だと目立つかのぅ。
てな訳で、下処理はまだまだ続くのである・・・・
ページ最上部へ

我輩は誰?

ぺいんと

Author:ぺいんと
メカ物をメインにガレキ・プラモを
のんびり、まったり製作中。
2月から上海生活をエンジョイ
しております・・・・・・・・
やってることはアドパですがなにか?

当ブログはリンクフリーであります。
なんぼでもしたってください。
相互リンク希望の方(いるのか?)
はコメントいただければすかさず
こちらからもリンクしま~す。

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
モンハンニュース
こんなんやってます
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。